長野県カルチャーセンター

MIDORI教室
電話026-224-2233

メルパルク教室
電話026-266-8320

会社概要

名称  株式会社長野県カルチャーセンター
創立  1984(昭和59)年12月
資本金 4500万円
出資  信濃毎日新聞株式会社、信越放送株式会社、学校法人信学会、株式会社電算
代表者 代表取締役社長  小坂壮太郎(信濃毎日新聞代表取締役社長)
    代表取締役副社長 渡辺雅義(信越放送代表取締役社長)
所在地 事務局・長野駅MIDORI教室
       長野市南千歳1-22-6長野駅ビルMIDORI長野5F
    メルパルク教室
       長野市鶴賀高畑752-8ホテルメルパルク長野5F

けんカルとMIDORIの物語

長野県カルチャーセンターは、長野駅ビルMIDORIとともに生まれました。

MIDORIが開業したのは1985年。県都にふさわしい玄関口を‐と、当時の国鉄を主体に、長野県、長野市、長野商工会議所、八十二銀行、長野電鉄、信濃毎日新聞社など市内の行政と経済界がまとまり、官民一体の運営会社「長野ステーションビル」をつくりました。

商業ビルにとどまらない文化的な香りを盛り込む‐という経営方針のもと、文化催事のホールや広場を設け、国鉄から信毎に運営依頼がありました。その任に当たるため、信毎を母体に誕生したのが長野県カルチャーセンターです。

華やかにオープンした「ファッションと情報・文化の拠点」MIDORIは、5階に「信毎ホール」を開設。同ホールと3階に教室を置く長野県カルチャーも、県内初の本格的カルチャーセンターとして開講しました。文学、絵画、音楽、手芸など各界を代表する講師陣が年ごとにそろい、おしゃれした受講者が県内各地から集まりました。

1990年にはSBCホール教室(信越放送別館)を新設しました。98年にはSBCホール教室に代わり、メルパルク教室(ホテルメルパルク長野5階)を開講しました。

長野ステーションビルは2003年、松本駅ビル会社と合併し、JRの100%子会社「ステーションビルMIDORI」になりました。MIDORI長野は14年11月、全面改装し、長野県カルチャーセンターは、3階の教室を5階に移設。信毎ホール(南教室)3ルーム、北教室4ルームの現体制になりました。

MIDORI教室は、信州大学や清泉女学院大学と提携するなど、多彩な文化・教養講座を持つのが自慢です。加えて文芸、書道、音楽、趣味、健康など第一線の講師と学習意欲の高い受講者が集まり、「駅ビルに文化的な香りを盛り込む」大役を今も担っています。

長野県カルチャーセンターは、県都の玄関口で文化の一端を担う創立の使命を胸に、これからも長野駅ビルMIDORIとともに歩んでまいります。

お問い合わせ

ページ上部へ